2020年2月 運用報告 

2020年2月運用報告

2020年2月の運用報告です。

 

先に結論! 今月は-393,138円!

 

エロス
エロス

久しぶりの急落!興奮する!

 

auカブコム証券の代用有価証券制度を使い、優待・配当目的の長期保有株やETFをFXの証拠金として運用する、代用有価証券FXをメインとして運用しています。

 

株価が急落するときはどの通貨も円高に進みがちだから、株を代用に入れてユーロ売りのFX手動トラリピを行い、株価が下落したときにはFXで利益を出して資産の安定を図ろうという方針です。

 

革財布
革財布

今月はぜんぜん安定してないけどな!

 

詳しくは下の記事から。

代用有価証券FXの基本を解説①・代用FXのやり方は?【決定版】
株・投資信託をFXの証拠金に使って利益を目指す、代用有価証券FXの運用法の解説です。

 

各部門の運用実績を見ていきましょう。

 

革財布
革財布

気絶して漏らさないようににオムツを重ね履きしろよ!

株式部門

2月末 運用状況

現物株式   3,189,138円
評価損    -637,827円
(前月比   -438,838円)
確定利益     +21,295

株式部門   -417,543円

 

パンデミック
パンデミック

ひどい!下り最速!

 

普段は優待目的の株をプチ株(単元未満株)で少しづつ購入していますが、全株が下落すると何を買っていいか分からないため、 MAXIS米国株式(S&P500)上場投信 (2558) 購入を少しづつ行いました。

 

 

コゼニ
コゼニ

買った瞬間から含み損になってるけどね・・・

 

代用有価証券FXが、この急落をどこまでカバーできたのかが見どころです。

 

FX部門

2月末 運用状況

ユーロ売り   68000通貨
ランド円買い  170000通貨

評価損   -251,356
(前月比 +15,613円)
確定利益  +54,217

 

FX部門は  +69,830円!

 

ぽち袋
ぽち袋

少しは利益が出ているけど、株の下落に追い付いていない・・・!

 

株価が急落するときは円高になりがちだからと、株を代用してユーロ売りを行っていますが、今月はユーロがあまり下落しませんでした。

 

しかし、利確方法が手動トラリピのため、もみ合い相場のおかげで利益が出ています。

 

CFD部門

日経225 買い 5枚 売り 7枚

評価損 -767,200円
(前月比 -116,000円)
確定利益 +70,525

CFD部門は -45,475円!

 

CFD部門は、今月中旬までは大きな利益を上げていましたが、後半の3日間で急落しました。

 

ポジションの持ち方・決済方法は両建てトラリピのような形をとっていますが、売り買いの枚数の差を2枚までにして、評価損益が急変しないようにしています。

 

CFD部門に関しては全く心配していません。

 

運用開始から4か月で、日経平均株価21600円→24000円→20500円と大幅な値動きがありました。両建てトラリピは、あらゆる価格帯に含み損ポジションを置いてきてしまうため、評価損が拡大するのは想定内。

 

脚線美
脚線美

言い訳が長くなるのかな?

評価損は80万円ほどになっていますが、前年度からの確定利益の積み重ねが60万円を超えており、あと一息でプラス圏に浮上するためです。

 

引き続き、含み損をリピート益で挽回していきます。

 

革財布
革財布

口では何とでもいえるけどな!

2月の収支まとめ

 

株式部門  -417543

FX部門  +69830

CFD部門 -45475

今月の収支は    -393,138円!

 

CFD部門を別にして考えると、株の評価損を約16%程度、FXでカバーしたことになります。

 

カバーした割合は小さいですが、株価急落時に予定通り現金利益が出ていることは、精神の安定に大きく役に立ちます。

 

FXはプラスの方向に動いたからロスカットの心配はないし、株は急落しても売るつもりはないから、今回の値動きでも落ち着いていられました。

 

もし、今後の株価が全く回復せず、同じような価格帯をもみ合ったとしても、その時はトラリピ益により数か月でリカバーできる可能性も秘めています。

 

FX益で株の急落をすべて吸収できたわけではありませんが、今後の方針の変更はありません。

 

シダ植物
シダ植物

2月の報告は以上です。引き続き代用有価証券FXで突き進んでいきたいと思います。

 

まるで暴落が終わったかのような感想は危険だよね!と思った方はポチっと!

 

タイトルとURLをコピーしました