株はどこで売り買いするの?

革財布

株ってどうやって買うの。

証券会社に口座を開いて、証券会社に依頼して売買します。売買できるのは、平日の午前9時から11時30分までと、12時30分から3時まで。

よく使う買い方は、成行買い(売り)・指値買い(売り)の2つ。成行買いは、今すぐに、取引画面に表示されている値段で買うこと。指値買いは、こちらで指示した価格まで上がったら・もしくは下がったらその価格で売り買いすること。指定した価格にならなかったら取引は成立しない。

基本は100株単位で取引され、取引画面に株価が2000円と書いてあれば、200,000円の資金が必要になる。(手数料も少しかかる。)

このブログでよく使うプチ株(プチ株はカブドットコム証券の商標。別の名称で別会社でも行われている。)の場合、1株単位で株が売買できる。プチ株サービスは、普通の売買に比べて手数料がかかる、指値買い・売りができない、注文してから買うまで時間差がある(例・午前10時までの注文は午後に取引・それ以降の注文は明日に回されるなど。)という特徴があります。

シダ植物
シダ植物

ここで、株を夜間に取引する方法がある・すべての銘柄が100株単位ではない・信用取引という方法がある・売買が成立することを約定(やくじょう)と言う・○○証券との手数料比較など、全部の知識を一気に与えようとするから、初心者が混乱するんだと思うよ。

ぽち袋
ぽち袋

初心者用の入門サイトで挫折した経験があります。

走馬灯が超短い
走馬灯が超短い

少額からとりあえずはじめるのは、自分の投資法に必要な知識・そうでもない知識を整理するのにはとっても有効!すべての知識が必要なわけではないよ。それに、いろいろ知識を吸収しながら行動している時期が一番楽しいんだよ。

まとめ 証券会社の口座にお金を入れておいて、成行・指値・プチ株で売買!
シダ植物
シダ植物

実際行動してみて『この用語は何だろう』と思ってから調べるのが、いちばん頭に入るよね。そして、調べる手段はここ以外にいくらでもある。だから、このサイトでは必要な知識だけを。リスクの説明だけは省略しないよ。

次は『FXとは?』へ

基本用語解説
スポンサーリンク
初心者のままでいい!優待株・FXぼんやり微益ブログ