少額から運用できる「代用ビットコインFX」のはじめかた【SBI VC TRADE 旧TAOTAO】

代用ビットコインFX

※ 記事内の手数料・サービス内容に関しては2021年・11月7日現在のものです。

※ 特定の暗号資産の運用を推奨するものではありません。



先に結論!



暗号資産交換業者TAOTAOでは、現物のビットコインを担保に、レバレッジ(2倍)をかけたビットコインFXが0.001BTCから運用できる!


現物ビットコインを証拠金としてビットコインFXの売りポジションを持つことで、現金0円で積み立て運用のリスクヘッジ!


複数の売り注文を並べてトラップトレードも可!


売りポジションでレバレッジ手数料が貰える場合も!


そんな記事です。



好評の「代用ビットコインFX」記事をさらにパワーアップさせたものとなっているので、こちらをお読みになってからの方が理解が捗ると思います。

代用ビットコインFXとは



DMM BitcoinTAOTAOなどの一部の暗号資産交換業者では、暗号資産FXの証拠金として、現金だけでなくビットコイン・イーサリアム等の暗号資産を差し入れることができます。


DMM Bitcoin公式HPより引用


代用した暗号資産の価格の50%がFX証拠金として認められ、現金を使わずに暗号資産FXができます。



DMM・TAOTAO共に、代用した暗号資産はリアルタイムで日本円に換算され、証拠金として反映されます。

ぽち袋
ぽち袋

だから?




ここで考えられるのが、現物のビットコインを代用した、レバレッジBTC売りのトラップトレード。



代用したビットコインの価格の50%が証拠金として認められ、リアルタイムで証拠金に反映されるなら、代用コインの半分の量まで売りポジションを持つ場合、価格が上下どちらに振れてもロスカットにはなりません。



コインの価格が暴騰してレバ売りポジションがピンチの時は、代用した現物コインの評価額が上がって証拠金に反映されるからです。(異常スプレッド時は除く)


コイン価格が暴落した時はレバレッジ売りポジションがすべて消え、現物コインだけが残るのでロスカットはありません。

コゼニ
コゼニ

非常時の入金とか、追加投資に焦る必要がないのはラク。





すでに現物コインを持っている場合は以下のようなトラップが考えられます。

例・現物0.08BTCに対して0.04BTCの売りトラップ


買いポジションの方が多いから、コインの価格が上がったらトータルでは利益が伸びていきます。下がった場合は売りポジションが決済されて追証の可能性はありません(異常スプレッド・レバレッジ手数料の積み重ねを除く)。


ロスカットの無い状態から、暗号資産特有の激しい値動き(個人の感想です)を利益に変えていく。



これから積み立てを始めようと思っている人も、現物コインを買ったら代用し、その価格から半分の量の売りポジションを持つことで、それぞれの価格帯に少しずつトラップを形成していくことができます。

コインの積み立てと同時に代用→半分の量の売りポジションを建てることで、積み立てと同時にさまざまな価格帯でのトラップ形成も行っていくという作戦です。



同価格帯にすでに売りトラップがあるなら、少し上にでも売りトラップを発注すればいいですね。



初期投資の資金が抑えられ、追証の可能性もない。通るか通らないか分からない価格帯にトラップを建てる必要がないのが魅力です。



詳しくは前回の記事もご覧ください。


脚線美
脚線美

現物はホールド・売りはトラップ!





このように、現物コインを代用し、その半分の量までの売りポジションを並べることで、暗号資産つみたてのリスクヘッジと、暗号資産特有の激しい値動きをとるトラップトレード(手動トラリピ)を現金を使わずに行うことを、本記事では「代用ビットコインFX」「代用暗号資産FX」と呼びます。



現物コインはホールド、リピート益はレバレッジ売りポジションの方から出るから、年間の利益の計算も分かりやすい。



リピートは口座から引き出して、別の投資に利用したり、お小遣いとして使うこともできます。



前回の記事では代用ビットコインFXが可能な業者としてDMM Bitcoinを紹介しましたが、より運用しやすい業者の情報があったので、今回は「TAOTAO」を紹介します。

シダ植物
シダ植物

私はTAOTAOにビットコインを引っ越しさせました。


TAOTAOはビットコイン・イーサリアム・リップルの入庫手数料が無料です。


TAOTAOの魅力

TAOTAOとは



TAOTAOは、金融庁登録済みの国内運営の暗号資産交換業者です。


SBIホールディングスの子会社が出資、「ビットアルゴ取引所東京」が「TAOTAO株式会社」に社名変更しました。



2021年12月1日(予定)SBI VCトレード株式会社と合併しますが、各社の取引サービスは継続されます。
プレスリリース(TAOTAO)



0.001BTCからレバレッジポジションが持てる




TAOTAOで運用できる通貨は、現物がビットコイン・イーサリアム・リップル。


レバレッジ(2倍)取引がビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュです。

レートは最新ではありません。TAOTAOホームページより引用



「代用した現物コインと同じ通貨をレバレッジで売る」という方針から、候補はBTC・ETH・XRPの3種です。(特定の通貨の運用を推奨するものではありません)


魅力的なのが、BTCのレバレッジポジションが0.001BTCから運用できる点。


DMMは0.01BTCからの運用のため、1ポジション当たりの必要な予算が大きいという難点がありました。


TAOTAOで運用することにより、現物コイン0.002BTC(約14000円・記事作成時)に対してレバ0.001BTC売りができます。

脚線美
脚線美

少しずつコインを積み立てている人には最適!



売りポジションで手数料が「もらえる」ことも


現物コインを代用したレバレッジ売りのトラップトレード。気になるのがレバレッジ手数料です。


ここでもTAOTAOの魅力が光ります。


2021年6月1日からの、マイナス手数料の導入。






当日の手数料率がマイナスの場合、手数料がもらえるという事です。(手数料受け取りの場合は小数点以下切り捨て)




ここで直近の手数料率を確認。(最新は公式HP


エロス
エロス

売りがマイナス!

受け取りの場合は小数点以下は切り捨てられるため、0.001BTCでは受け取りは0円になってしまいますが、手数料を取られるよりストレスが小さいですね。


0.001BTCあたり0.75円もらえる日にポジションを持ち越したもの。
0.001BTCは切り下げに会い0円、0.02BTCから手数料の受け取りが発生しています。





過去にさかのぼると売り買いが逆転・もしくは両マイナスの時期もありますが、それでもレバレッジ手数料は低め。売り買いどちらも1日0.04%のレバレッジ手数料を取る業者もあります。




そもそも、現物コインを代用し、その半分の量のレバ売りポジションを持つ方針において、レバ売りポジションが多いという事は現物コインの含み益が大きい時期でもあるので、


1 売りポジが多い時は現物コインで利益が大きく出ている

2 売りポジションで手数料がもらえる場合がある(手数料率は変動します)

3 手数料を支払う側に回ったとしても手数料率は低め(急騰・急落時には大きく変動することもあります)



この3点が、現物買い・レバレッジ売りの代用ビットコインFXに最適であると言えます。



その他の手数料も無料が多い


その他、暗号資産・現金の入出庫が無料な点も魅力があります。

TAOTAO公式より引用





TAOTAOは現物コインの購入は「販売所」形式。スプレッドの狭い「取引所」形式ではないため、GMOコイン等の取引所で現物コインを購入してからTAOTAOに入庫したほうが費用を節約できます。



TAOTAOは現物の入庫が無料なので他社取引所からの移動がしやすいですね。



現物コインを「取引所」で購入、費用を節約

無料で出庫・入庫(GMOなど→TAOTAO)

レバレッジ手数料が安いTAOTAOで代用ビットコインFX

リピート益(現金)の引き出しは無料

この手順で手数料は最小になると思います。


引き出した現金は現物コインの積み立て購入の費用に充てたり、自由に使ってもいいですね。


現物コインの移動は、TAOTAOで入庫アドレスをコピー。





取引所のある業者から送付するだけ。(下の画像はGMOコイン)

送付5時間後くらいに移動できました(時間には変動があり・入庫完了メールが来ます)。




代用ビットコインFX(代用暗号資産FX)の目的・運用方針とマッチしているのがTAOTAOだと言えます。

運用方針


① コインの積み立てを1からはじめようと思う人


現物コインを0.002BTC購入

TAOTAOに入庫

代用して現在地付近に0.001BTCレバ売りをセット

決済があれば売り注文を建て直し(手動トラリピ)


この繰り返しです。


さまざまな価格帯で積み立てを続けつつ、同時にトラップも撒いていくという訳です。すでに同価格帯に売り注文がある場合は、少し上の位置にでも売りトラップを入れればいいですね。


パンデミック
パンデミック

0.002BTCからはじめられる!




DMMの場合は現物買い0.02BTC・レバ売り0.01BTCの1セットで14万円程度(記事作成時)かかりましたが、TAOTAOは14,000円程度で1セット組めます。



積み立てるお金がない場合は放置でもロスカットは無し。



② ある程度のコインを所持している人


TAOTAOに現物コインを入庫

所持コインの半分を上限に、現在値より上に売りトラップ

決済があれば同注文を建て直し(手動トラリピ)




③ ある程度のコインを持っているし、積み立ても続けたいけど、高値でコインを買い増ししたくない人


TAOTOに現物コインを入庫

所持コインの半分を上限に、現在値より上に売りトラップ

毎月(毎日)の積み立て時に初期値より上にいるなら積み立てない
初期値より下にいるなら0.002BTC現物を積み立て、その位置で0.001BTC売りトラップ追加。

牛乳瓶のフタくらいの価値の可能性
牛乳瓶のフタくらいの価値の可能性

安くなっている時だけ積み立てて購入平均価格を下げ、高い時はリピート益を収入源にする。自前の現金の投入を最小限に抑えるわけだね。



資産運用の一部としてビットコイン・暗号資産を持ちたいから、一定以上のお金を回したくないというときにも使えます。




私は現物コインの積み立ては100万円までを上限にして、そこから生まれる代用ビットコインFXのリピート益を引き出して使うスタイルで行こうと思っています。


エロス
エロス

お小遣い生み出しマシーン!(個人の感想です)


コインの価格が現状で停滞→リピートが発生・レバレッジ手数料は有利

コインの価格が大きく上昇→現物コインの方が多いから利益は伸びる

コインの価格が大きく減少→現物だけが残るから追証なし・放置も可



どんな状況に対しても方針が固まっているため、「代用ビットコインFX」「代用暗号資産FX」は検討の価値があると考えます。



代用可能な通貨はビットコイン・イーサリアム・リップルなので、余裕が出てきたら分散を考えてもいいですね。



TAOTAO公式


2021年11月30日まで、新規口座開設で1000円プレゼントキャンペーンをやっているそうです。開設時の「どこでTAOTAOを知ったのか」の質問に「優待株・FX ぼんやり微益ブログ」と書いていただけるとありがたいです。


12月1日のSBIVCトレードとの合併後も各社のサービスは継続されるので、それまでは少額で練習するのも良いかもしれませんね。


参考になった!という方はボタンをクリック!

応援クリックありがとうございます!励みになります!

\最新の運用残高を公開!/PVアクセスランキング にほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました