2020年 11月 運用報告

2020年11月の運用報告です。

 

株やETFをFXの証拠金として使える『代用有価証券制度』を使って資産運用をしています。

 

代用有価証券FXとは

 

FXに現金を使わずに運用ができるのが大きな強みです。

 

メイン手法は『代用有価証券FXユーロ売り手動トラリピ』。

 

株価が下落する時は円高に振れがち(必ずではありません)なことを利用し、株とFXでお互いをカバーしあうことで資産の安定を図りつつ、リピート益を得ることが目的です。

 

結論から言いますと、今月の収支は+177,317円でした。

 

内訳を見ていきましょう。

 

株式部門

カッコ内は前月比

現物株式・投資信託 4,347,796円

含み益      +76,917円(+424,722円)

確定損失     -1,137

 

株式部門は

+423,585円

 

今月は株式部門が好調。それに乗じて、優待改悪や含み損の大きな銘柄をいくつか損切りしました。

 

浮いた現金で購入した米国株ETFの(1655)の上昇に乗り、(1655)の含み益が他の優待株の含み損をカバーしてくれました。

 

引き続き、ユーロ売りのリピート益で(1655)の購入を継続です。

 

パンデミック
パンデミック

(1655)の使い勝手がいい!

 

FX部門

保有ポジション

ユーロ円売り 149000通貨

ドル円買い    40000通貨

含み損  -865,552円-163,989円

確定損失 -82,279円

 

FX部門は

-246,268円!

 

コゼニ
コゼニ

株部門の上昇があるから、何とか許容範囲。

 

メインのユーロ円売りの決済益は25000円ほどありましたが、今月はランド円買いからの完全撤退を行ったため、10万円程度の確定損失が出ました。

 

S&P500ETF(1655)の所持口数が多くなってきたため、リピート売買はトライオートETFでS&P500ダブルの売りリピートをした方が運用が安定すると考え、FXは通貨ペアを絞ることにしました。当分ユーロ円売りとドル円買いしか持ちません。

 

詳細は下の記事です。代用FX+トライオートの組み合わせには期待をしています。

 

【トライオート】FX通貨ペア選定は不要!50%運用のススメ【S&P500ダブル売り】
トライオートETF S&P500ダブルで低リスク運用を行う方法とは?

 

今後の見通し

2020年11月は

株式部門 +423,585円

FX部門 -246,268円

合計

+177,317円でした。

 

 

ブログ開始以降の累計損益グラフです。

 

 

ぽち袋
ぽち袋

何とか収支は改善してきているね。

 

株式部門が好調の時はFXが不調、という形はまだ守られている気はしますが、安心はできません。

 

特にFX部門には慎重になる必要があるため、FXポジションを抑え、リピート機能の一部をトライオートに回す効果に期待しています。

 

※ トータル収支が±1万円以下のトライオート部門は今月は省略します。

 

今月の運用報告は以上です。

\最新の運用残高を公開!/PVアクセスランキング にほんブログ村

 

auカブコム証券

 

タイトルとURLをコピーしました